2006年03月31日

お茶とあなたとあんず大福

あんず入ってます引き続き春物を買いに出かけたものの、

* 可愛いけど想定外に高い
* 可愛いいし手ごろな値段だけど似合わない、あるいは入らない(!)
* 手ごろな値段だけどいまいち

・・・の連続コンボにやられ、何時間も歩き回ったのに結局何も買わずじまい。悔しまぎれにデパ地下に寄ることにした。

和菓子コーナーを歩いていると、小さな店先に「食わず嫌い王 おみやげランキングに入りました」とか「おめざ登場回数No.1」などの文字。見れば、置いてあったのは果匠 正庵あんず大福だった。

以前見た深夜番組でも「干しあんずと餡の意外な取り合わせ」などと絶賛されていたことを思い出し、夕飯のお惣菜と一緒に2個購入して帰宅。食後のデザートに食べてみた。

・・・うーん。

大福の中の干しあんずは思ったよりずっと柔らかくて甘酸っぱく、餡との意外な取り合わせが確かにおいしい。おいしいんだけど、肝心の餡が上品すぎてあんずに負けている気がする。

これはさー、もっと甘じょっぱいくらいの濃厚な餡の方が合う気がするんだけどなー、大体これ1個が小さいよね? などとエラソウなことを言いながらも、結局おいしくいただいた。

旦那の感想は「すっぱい」「餡がぶつぶつしてる」だったが、彼は普段から酸味が苦手でこし餡好きなので、あまり参考にはならないだろう。

江角マキ子さんも大のお気に入りだそうなので(・・・と、何故か彼女の名前だけが公式サイトに載っていた)一度はお試しあれ。因みにこの記事のタイトルはあんず大福の包み紙に書いてあった謎のキャッチコピーです。
posted by manoji at 01:06| Comment(5) | TrackBack(1) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

若者のボタン付けに想う

イメージカット「まのじさーん、これ・・・お願いしていいですか?」

仕事の依頼かと思って振り向くと、職場の若者くんが針と糸を持って立っていた。シャツの袖のボタンが取れてしまったのでつけてほしいとのこと。

裁縫なんて全然得意ではない私だが(自分のボタンが取れたときは旦那にアウトソースしているし)、ボタン付けくらいならできる。

「こういうのはさ、可愛い女の子とかに頼めばいいのに」と私が言うと

「え、何でですか? これをきっかけに仲良くなるってことですか?」と若者。

「そうそう。○○くんのボタン付けならきっと喜んでやってくれるよ」

「そうですかねえ・・・」

なーんて話しながら無事ボタンをつけ終えた。

若者に感謝されてちょっと満足しながら、別に家庭的なキャラで売ってるわけでもないし、特別仲良しというわけでもないのに何故私にボタン付けを頼んだのだろう? と考えているうちに、恐ろしい結論に至った

彼が私に頼んだのは、きっとお母さんに頼るような感じだったのだ。この人家庭的だから・・・ではなく、この歳だったら裁縫くらいできるだろう、みたいな。若者から見れば7つも年上の私は「上の世代」にカテゴライズされているのだろう。

そんな私は迷える35歳(いや、まだあと1ヶ月は34歳だけど)。

20代と同じことをしていれば「若ぶってる」と言われ、歳相応にと思えば「おばさん」と言われる。がんばれば「必死」と言われるし、がんばらなければ「諦めてる」と言われ。選択肢は多いのにどれも正解ではないような気がして、近頃はどこを目指していいのかわからない。

でもまあ、私のことだからそんなに深く悩むわけでもなく、日々を過ごしているわけだけれど。

っていうかまのじさん、それじゃオッサンですよ・・・

そう言われることも間々あるこの頃。・・・まずは女に戻らなくては・・・。
posted by manoji at 21:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Weタイプ? Meタイプ?

Meタイプ明るい色のスカートがほしいなと思って、会社帰りにデパートをのぞいた。あまり時間もなかったためとにかく片っ端から試着してみたものの、なかなかこれ!というものがない。

試着室から出て鏡の前で悩んでいたら、店員さんが

「これ、すっごく売れてるんですよー! もう残りあとわずかですから〜」

などと言う。

すっごく売れてるってことは同じスカートを買った人がたくさんいるってことだな、と判断した私は「ちょっと考えます」と笑顔でスカートを返し、また別の店へ。で、結局店員さんが忙しくて相手もしてくれなかった店で、自分に一番似合うと思ったスカートを買って帰ってきたのである。

さてその晩。

Weタイプ・Meタイプって知ってる?

旦那がこんなことを聞いてきた。なんでも、立ち読みした石井裕之のビジネス・コールドリーディングという本に載っていた、とのこと。

本によれば、Weタイプは「常に“私たち”をベースに物事を考え、感じ、行動する」タイプ。一方Meタイプは「常に“私個人”をベースに物事を考え、感じ、行動する」タイプ。感受性をもとに大まかに分けると、人はこの2タイプに分かれるそうだ。

それぞれのタイプの特徴はこんな感じ。

Weタイプ
つき合いやすい・だれとでも友達になれる・他人に影響されやすい・感情の起伏が激しい・調和を大切にするため人間関係の悩みが多い

Meタイプ
自分をしっかりもっている・利己主義的・何を考えているかわからないという印象を人に与える・一見謙虚に見えても心の中では「ほんとは自分が一番エライ」と思っている。


そして、タイプが違えば、そのアプローチ方法も当然異なる。

例えばWeタイプの顧客には客観的な事実ばかりを説明するよりも情緒的に訴える。逆にMeタイプの顧客には「A社やB社でも導入されているんです」などと言うよりデータで攻める、といった具合だ。

上記の本ではこのWe/Meタイプの判断や、相手の心を読み取る技術である“コールド・リーディング”のビジネス・シーンでの活用方法を述べているのだが、こちらは読んでいないので割愛。

で、私。

これを見ると自分は明らかにMeタイプだ。すっごく売れてる、と言われた瞬間にスカートに対する気持ちが冷めたのも、私がMeタイプだからであろう。逆に「このスカートが一枚あればこんなに便利ですよ」という実例を挙げてくれれば、もしかしたら買っていたかもしれない。実際、これまで迷った服を買ったときは大体そういう売り文句に負けているし。

因みに旦那はWeタイプだそうだ。案の定というかやっぱりというか。彼は私に対して

「君はいつも“自分は、自分は”って、自分のこと考えすぎなんだよ!」

と言うし、私は私で「どうしてこの人はこんなに主体性に欠けるんだろう?」とイライラすることが多いのはそのせいだったのか! と、妙に納得。

そしてビジネス書ってこれまで興味なかったけど、内容によってはビジネス以外にも使えるのねーと、思った次第。までも、結局この本、買ってないんだけどね。
posted by manoji at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

ホワイトデーには春摘みいちご

春摘みいちご本日はホワイトデー。

義理チョコなんて面倒くさい、こんな習慣やめてくれ、と、つい1ヶ月前には散々文句を言っていたくせに、いざホワイトデーに皆さんからお返しをもらうとそんな勢いはなくなって「来年はもう少し高いチョコ買うか・・・」なんて思ってしまうのだから現金なものである

職場で上司・先輩・同僚から頂いた洋菓子を満喫して帰宅すると、帰ってきた旦那が築地ちとせの「春摘みいちご」という和菓子を買って帰ってきてくれた。

これはTVチャンピオンで殿堂入りした和菓子職人さんが作った創作和菓子だそうで、柔らかい餅と本物の桜が練りこまれた白餡、そして上にのった甘酸っぱいいちご(とちおとめだそうです)のバランスがとっても上品。

旦那は普段和菓子なんて買ってこないのだが、先日私がきゃーきゃー言いながらいちご大福を食べていたのが印象に残っていたのかもしれない。

「たまにはいいかなーと思って」

などと言っていたけれど。

ま、春らしくておいしかったのはよしとして、私からのバレンタインデーのプレゼントとは随分差があるような気がするんだけど?

「え? だって僕はチョコがよかったのに君が勝手にカットソー買ってきたんじゃん。僕はチョコがほしい」

ああそう、そしたら5月の誕生日プレゼントはチョコレートでいいかしら。待ってろよ、ひひひ。
posted by manoji at 22:00| Comment(5) | TrackBack(1) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

春だから元祖いちご豆大福を食す

元祖いちご大福週末。春らしい服がほしいなーと思って新宿へ行ったものの、結局めぼしいものは見つからず、例によって食べ物ばかり買って帰ってきた。

写真の大角玉屋のいちご豆大福もそのひとつ。これは、職場の人が持ってきてくれて初めて知ったのだが「元祖・いちご豆大福」なのだそう。ま、元祖かどうかはさておいて、これがンマイ! ほんのり塩気がきいた餡と絶妙な厚さの皮、そして甘酸っぱいいちごが三位一体となって、特に和菓子好きでもない私でもぺろりと食べてしまうくらい、おいしいのだ。

調べたら楽天に店舗を出しているようだけど、いちご豆大福は賞味期限の関係で売っていない模様。新宿近辺にお越しの際はぜひ!
posted by manoji at 00:29| Comment(7) | TrackBack(1) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

3泊4日 台湾食い倒れの旅

小籠包旦那が転職して次の会社へ行くまでの間、せっかくまとまった休みがとれるから・・・ということで週末に有給休暇を2日足して、3泊4日の台湾旅行へ行ってきた。

が。

「台湾は今の季節でも最高気温が20℃以上あって暖かい」と聞いていたのに天気はいまいちで寒く(といっても日本よりは大分暖かいんだけど)、おかげで行く前にひいた風邪が悪化してしまったために思ったほど積極的に行動できなかったのが心残り。

・・・とかなんとか言いながら、食べるものだけは今回もしっかり食べてきたので、そのへんの写真は後ほどアップする予定。

とりあえず今は明日の会社が辛い・・・。
posted by manoji at 00:41| Comment(9) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

バレンタインについて考える

襟はパープル2月14日。電車に乗って見渡せば、何人かの女性がチョコレートとおぼしき紙袋を持っている。そういう私も、ここ何年かそうしているように、職場の女性がお金を出し合って買った、高級ではないけどそこそこおいしくて量のある義理チョコを抱えて会社へ向かう。

昔は好きな人に渡したいけど渡せない、とか、義理のふりをしてみんなに配りつつ実は一人だけ本命、とか、ドキドキするような日だったのだ、バレンタインは。

それが今や、むしろ面倒なくらいの年間行事になってしまった。

いや、義理チョコなんてあげたくない、というわけではない。もらったみなさんが喜んでくれるならね。でも義理チョコってもうら方も「あーハイハイ、義理なのね」ってな感じで妙に冷めてるし、そんな空気を感じ取ってしまうとこちらも「あげない方がよかったのか?」とか「いや、でも今更やめるのもナンだし・・・」などと悩んでしまって、面倒くさいったらありゃしない。

職場のみなさんには旅先で買ったおいしいお菓子をお土産に買ってくることにして、バレンタインは本当に好きな人だけにあげようじゃないか! お菓子業界の方々、来年からはこういう路線でお願いしますよ。

で、じゃあ本来一番にあげるべきである旦那にはどうしたかというと、今年はチョコを買っていない。手作りケーキでも焼きましょうか、と言ったら嫌そうに

「えぇー。別にいいよ、君の手作りは」

と言われたので、てっきり何もいらないものだと思ったからだ。それが昨日のこと。

「明日、僕は何かもらえるの? っていうかまさか何もないなんてこと、ないよね。チョコはいらないけどさ」

なーんて突然言われたものだから、帰りに慌てて写真のカットソーを購入した次第。・・・バレンタインって義理じゃなくても面倒かも。ははは。
posted by manoji at 23:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

今日から始まる? 愛夫弁当

可愛い3月から新しい職場に勤めるため、今日からしばらくの休みに入る旦那。昨晩寝る際に、

「あ、明日のお弁当作ってないやー。朝作ってくれたら嬉しいなー」

と言っておいたら、今朝一緒に起きてちゃんと作ってくれたのだ。素晴らしい!

で、お昼。期待に胸を膨らませてお弁当箱のふたを開けると、私が作るよりも可愛らしく詰め合わせてあったもんで、思わず携帯で写真をぱちり。

早速、朝オーブントースターで焼いていた鮭の切り身をいただくと・・・うっ、中が生焼け。まあそういうこともあるさ、あんまり時間もなかったからね、と気を取り直してコロッケを食べると・・・か、かたっ! 電子レンジかけすぎだって。これまさか、地味な嫌がらせ?! と思ったものの、本人作のいり卵は問題なくおいしかったんでそうではないだろう。・・・そうでないことを祈る。

まあでも、明日は自分で作るかな・・・と思っていたら、帰ってくるなりお弁当箱を奪われ、知らぬ間にまた何かを詰められて返された。

怖いような楽しみなような。

いやでも、作ってもらえるんなら文句は言いません、はい(フォローフォロー)。
posted by manoji at 21:37| Comment(11) | TrackBack(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

豚肉と白菜の重ね蒸しスープ仕立て

激ウマー冬になると作りたくなるのが皆さんご存知の人気メニューの「豚肉と白菜の重ね蒸し」。鍋(大きく作るときは中華鍋で)に白菜と豚肉を交互に層にして敷き、少量の水を入れフタをしてコトコトと蒸していく。火が通ってキレイなミルフィーユ状になったら切り分け、ネギとポン酢(お好みで豆板醤)でいただく・・・というのがこれまでの定番だった。

今年は蒸す際に水を多めに入れてみたところ、豚肉と白菜のダシがいいスープとなって、これまた絶品。写真では全然見えないけど、盛り付けたらスープも一緒に入れちゃえば、いつまでも味が染みておいしいのだ。

ポイントは塩。白菜と豚肉を敷く時に豚肉の上に日本酒少々をふるんだけど、このときキッチリ塩もふること。さらに、できあがりに柚子胡椒をのせるとこれまたウマー! 熱燗にもよし、焼酎にもよし、ワインでもよし(っつーかもうお酒なら何でもいい)、もちろんごはんのおかずにもバッチリのお惣菜ができあがりなのである。
posted by manoji at 21:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

モーツァルト生誕250周年記念をアマデウスで祝う

アマデウス今朝TVを見て知った、本日のモーツァルト生誕250周年。ちょうど旦那も飲み会でいないことだし、これはチャンスとばかりに映画「アマデウス」を見ることにした。

「アマデウス」は1984年、私が13歳のときに上映された映画だ。160分という長い上映時間にもかかわらず相当入れ込んで、わざわざ映画館まで3回も見に行き、あまりに私が騒ぐもんで両親がサントラ(昔懐かしいLPだ)を買ってプレゼントしてくれた記憶がある。

多感な10代に大好きだった映画を今見るというのは、同窓会で初恋の人に会うような多大なるリスクがあるが、さすが「アマデウス」、今見てもちっとも色褪せていなかった。むしろ30代の今だからこそ理解できるようなこともあったのが面白い。

上映時はとにかくモーツァルトに100%肩入れして見ていたもんだ。二言目には金のことばかり言うモーツァルトの妻・コンスタンツェには全く感情移入できないどころか、バカ嫁くらいに思っていたのだが、今見れば別にバカでもなんでもない。むしろ、生活の安定を求める妻としては至極まっとうだ。逆に、子供じみた振る舞いのせいだけでモーツァルトを理解しない宮廷の人間はひどい! と当時は思っていたが、今は「ま、会社でもよく見る風景だよねー」なんてクールに思えたり。

私も大人になったのかしら、ほほほ・・・なんて思いながら、時間が経てば経っただけの楽しみがある素晴らしい映画を22年ぶりに堪能したのだった。

クラシックなんて全然興味がない、という人にもオススメだが、セリフに妙なスラングが使われていない分(オリジナルは舞台劇だし)、英語がとてもわかりやすいので、英語勉強中の人にもかなりオススメの映画である。
posted by manoji at 23:25| Comment(7) | TrackBack(1) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。