2007年10月31日

ファンデーション調査月間実施中

今のと新しいの、塗ってみたけどよく見えなかった気に入って何本か使い切ったファンデーションが廃盤になってしまったため、次のお気に入りを探すべく「ファンデーション調査月間」を開始した。

もともと肌の赤味が強いせいか、ドラッグストアで気軽に試せる国産のファンデーションはどうも色味が合わない。一番多いオークル系の色は妙にオレンジっぽいし、ベージュ系は黄色すぎておかしい。かといってピンク系ではまるで豚の貯金箱みたいになってしまう。

外資系のファンデーションはわりとしっくりくるのだが、カウンターで隙のないメイクのお姉さんに詰め寄られると緊張のあまり判断も鈍りそうなので、まずはメーカーを絞りたいところ。ネットの口コミサイトを見ていたら「ぴったり合う肌色が見つかった」と評判が高かったのがカバーマークだったので、意を決してカウンターに赴いた。

カバーマークではファンデーションを合わせる際、肌そのものの色だけではなく、肌の下にある血管の色が肌に与える影響も考慮するのだとか。同じ黄味を帯びた肌を持つ日本人でも、ブルーベース(静脈の青味が出ている)とイエローベース(出ていない)の2つに分けられるそうで、まずは左右の腕の内側にそれぞれを塗って、どちらのベースが合うのかを見ていく。

・・・すごくわかりやすいですね

と店員さんに言われるくらい、私の肌にはブルーベースのファンデーションがなじんでいた。ファンデーションそのものの色はいわゆる肌色というよりグレーっぽい土気色なのだが、実際に塗ってみると周りの肌に溶け込むから不思議だ。

さらに今度はエラのあたりに3色のファンデを塗って、ブルーベースの中でも赤味が強いのか、青味が強いのか、どちらでもないのかを判断し、1色に絞っていく。赤味が強い私の肌には、それを活かすピンク系(といっても色だけ見ると全くピンクは感じられないのだが)のBP20が選ばれた。

化粧品のカウンターは(試着室の鏡同様)なんでもキレイに見えるライティングなので、できればサンプルをもらって自宅の光源や自然光で確かめたかったのだが、サンプルはないとのことなので小さめのチューブを購入。

早速今朝いつもの環境でつけてみたところ・・・確かになじむ。あまりになじみすぎてどこを塗ってるのかわからなくなるほどなのだが、なじむからいいかというと必ずしもそうではないことに気づく。お化粧というのはキレイに見せたいからするのだ。ひたすらナチュラルに見せたいならこのファンデーションは素晴らしいけど、私としてはもう少し化粧感がほしい。

歳をとると素材のカバーに時間も手間もかかるのが哀しい。今回買ってしまったけど、なんだかんだと調査月間はまだまだ続きそうだった。

自分の肌色になじみながらも、もともとの肌が華やかに見えるようなファンデーション、ご存知の方はご一報を
posted by manoji at 15:45| Comment(9) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどーと思って読みました。
あまり真面目に調査したことがなく、お化粧だから色違ってても平気、平気〜
なんて思って適当に買っていました。笑
カバーマークは私も一度買ってみたことありますが、なぜかやはり一度っきりでした。
ランコムをよく使いますが、これは母親がずっと使っていたのを譲り受けてそのまま継続というだけで、特に意味はないです。
あとはミニプラとかでよくわからないメーカーのを適当に買ってしまうことも、、笑
でも、そういうのを使ったあとでランコムとかに戻ると、あ、やっぱりさすが、”お化粧”なんだなぁ〜と思います。
Posted by KSQ at 2007年10月31日 22:01
今まで私が使った中で、最高のクオリティかつ肌がきれいに見えるファンデーションを教えてあげようと思ってヨシコタソが来ましたよ。私はすでに何本目か数えられないほど、ここ数年はこのファンデ一筋ですよ。このファンでは2色しかないので細かい肌色に対応するなんて意図ははなからない。しかしそんなことはどうでもよくて、とにかく塗った時に肌がきれいに見える、それが化粧品の存在意義であるというmanojiタソの意見に私も心から同意するところだ。で、そのファンデはというと、ここで公表するのはもったないから明日メールするw

Posted by ヨシコタソ at 2007年10月31日 22:02
>KSQさん

まあ、適当に選んでもなんとかなっちゃうんですけどね(笑) みんなが一生懸命肌色のことを考えてるわけじゃないだろうけど、そんなにギョッとするような顔色の人は見ないし(たまーにいますけど・・・)。

ランコムは私もフォトジェニックというのを前に使ってました。こちらも結構好きだったんですが「こちらは薄づきなので・・・カバー力ならこちらの方が・・・」などと段々高いものを薦められるようになり(笑)つい足が遠のいてしまったんですよね。カバーマークは少し年配向けな雰囲気でした。


>ヨシコタソ

思わせぶりだな(笑)
しかしいくら塗ったときに肌がきれいに見えればいいからって2色は少なすぎじゃない?! 隠し切れないアラも色々あるしさー。まあ、メールを楽しみにしてるよ。
Posted by manoji at 2007年10月31日 22:55
まのじも良く知ってる、取引先の競合ブランドなんで、引き気味で読んでました(笑)
カラーカバーならお任せを、ってとこなんで、今度平日休めるときあればぜひ一緒にアチラにいってみましょう。
Posted by みほ at 2007年11月01日 13:56
コスメ大好きnijntjeがやってきましたよw
カバーマーク、ですか、う〜ん最近の日本のコスメに疎いもので…。
あくまでこれはわたしの見解ですがオススメがあります。わたしはかれこれ5年くらい同じブランドを使っています。RMKのリキッドファンデのセット。下地もすべてココです。変える機会がない、というのもあるのですが、とにかくわたしにはしっくり来るので毎回日本から送ってもらっています。とくにいいのが、コントロールカラーN。肌が透き通るように見えます^^リキッドファンデのあとは、パウダーで軽くはたいたほうがいいです。

値段も良心的だし、パッケージも可愛らしくてとにかく気に入っていますよ。

Posted by nijntje at 2007年11月01日 18:47
ファンデかー。
日本人は綺麗にお化粧している、、、と特にフランス女性を見て思う。
Posted by ね at 2007年11月01日 19:23
>みほ

競合ブランド・・・そっか「カバー」マークだもんね。グローバルサイト見てわかったわ。
そこのファンデもいいかな、と思ったことは思ったんだけど、なんかこう、メイクにはもう少しドラマチックな感じがほしいのよ(笑) 確かにA君は誠実で優しいんだけど、惹かれるのはちょっと悪いけどカッコイイB君、みたいな・・・ってまたそれかい(笑)
でもパレットとかお絵かきみたいで楽しそう! と思った。使いこなすの難しそうだけど・・・。

>nijntjeさん

カバーマークは昔からあるアメリカの化粧品メーカーですよー。お母さんの世代なら絶対に知ってるはず。オランダにもあったと思います。RMK!忘れてました! ネイルとかグロスとシャドウのセットになったものを買ったことあって、微妙な色合いやキラキラがツボでした(値段は高っ!と思ったんですが・・・笑)。とりあえず今度カウンターに行ってみます! 情報、ありがとうございました!

>ねーさん

そうだね、外国の人って素肌にルースパウダーだけ、とかそういう人も多いもんね。でもさ、シャネルもディオールもランコムもフランスのメーカーだよ? 本国では誰がつけてるの?
Posted by manoji at 2007年11月01日 20:51
その質問て、他のフレンチブランドにも当てはまると思う。
フランスでヴィトン持ってる人ってほっとんど見ないし、、、
付加価値つけて海外で稼ぐってのが、フレンチ魂か?
でも食料品に関してはちょっと違うかも。でも日本でもてはやされてるほどルルーのキャラメルとか、エルメのチョコとか、何とかのワインとかこっちでは盛り上がってない。
Posted by ね at 2007年11月02日 01:19
>ねーさん

そうだね。
でもせっかくいいものもあるのに、本国の人が使わないのはもったいない気がするけどねえ。
Posted by manoji at 2007年11月02日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63687393
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。