2007年08月23日

ゴーヤ万歳

踊るかつおぶしこの苦味がビールに合うんですよ
そんな言葉につられて、食べるどころか触るのも初めてのゴーヤを買ってきたのは、ちょうど東京のスーパーでもゴーヤが出回るようになった7〜8年前のこと。わたをとって輪切りにし、塩でもむだけ・・・という自己流の下処理をして、ごま油で炒めただけのゴーヤは当然のことながら恐ろしく苦く、どんなにクセのあるものでも好き嫌いなく食べる私をして(文字通り)涙ながらにギブアップせしめたのだった

もうゴーヤだけは食べまい・・・と思っていたのだが、そこは日々食の探求に余念のない私、もう一度チャレンジしてみることにした(本当はスーパーであまりにも安かったので、つい買ってしまった)。

前回の失敗を教訓として、今回は基本のゴーヤチャンプルーを作ることに。苦さを軽減するため、ゴーヤは薄目にスライス→塩でもんで放置→さらに水につけて放置、という下処理を施す。その間、ずーっと刈りたての芝生みたいな匂いがして不安を掻き立てるが、ここはぐっと我慢。あまっていたソーセージと、同じくあまっていたオボロドーフ・マブ、卵と炒めてめんつゆで味付けし、皿に盛ってからたんまり鰹節をかければできあがり!

肝心の味はというと、これが予想外においしい。豆腐と卵なんてスパイス好きの私には物足りないかな・・・と思っていたが、ゴーヤ・卵・豆腐がそれぞれを引き立てあっていて、なんとも絶妙なバランスだ。逆に、この3点と最後にふりかける鰹節さえあれば肉類は入れなくてもいいくらい(もっとも旦那は「肉なしは無理」と言っていたけど)。おいしいし、経済的だし、体にもいいし・・・どうですか奥さん! 夏はやっぱりゴーヤチャンプルーですよ!(手のひら返したように大絶賛)。

ところで、ゴーヤといえばインド人でベジタリアンの同僚、Sさんがいつもお弁当にゴーヤと卵と豆腐のカレー炒めを持ってきているので、沖縄好きなのかと勝手に思っていたが、実はゴーヤはインドが原産なんだそうだ。今度はカレーにも挑戦してみることにしよう。
posted by manoji at 22:45| Comment(10) | TrackBack(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴーヤはインド産だなんて、知りませんでした〜。
ゴーヤカレーって聞いたことないですけど、ぜひmanojiさん流レシピを期待しています!
Posted by KSQ at 2007年08月23日 23:26
インド原産かぁ、やっぱり暑いところの食べ物なんだね。
うちもダンナがうまいこと処理して、子どもでも食べれるようなゴーヤチャンプルーを作ってる。(ので、実は私はゴーヤを扱ったことがない!食べる専門)
料理上手でいいなぁ〜
わたしゃ、想像力が足りないらしい。
Posted by みほ at 2007年08月24日 07:35
そしてハチミツをかけると・・・という落ちを期待していたのですが。甘くなかった。
昔、きゅうりにハチミツをかけるとメロンの味がするって話がありましたね。ゴーヤだとどうなんでしょう。
Posted by rsk_idr at 2007年08月24日 12:00
ゴーヤは油で炒めると美味しいと聞いておりますが、
ダンナがゴーヤ嫌いのため、購入したことないっす。
わりと好き嫌いが多いんだよな…(ブツブツ)。
ゴーヤは痛みやすいのですが、ロジスティック環境が良くなったり、
栽培地域が広がったりして、東京でも珍しい野菜じゃなくなってますね。
そのうち、黙って食卓に出してみようかな。
カレー味なら(騙されて)食べるかも!

Posted by ハットリ at 2007年08月24日 14:22
ちょっと、まさに手のひらを返したような絶賛振りじゃないの、奥さん!どんだけ〜(とりあえず使う)。
ゴーヤはヨシコタソは結構好きだお。
甘酢漬けにすると、苦味が緩和されておいしいんだお!
日持ちもするのよ!夏の箸休めにぴったり。お酒のおつまみにもなっちゃうのよ、しかもめちゃ簡単なのよ、これどう思うかしら奥さん!
Posted by ヨシコタソ at 2007年08月24日 19:42
>KSQさん

ゴーヤの苦味をごまかすために、カレーに入れる・・・ということみたいですよ。
ただ入れるだけなんでレシピというほどではないと思うんですが、作ったときは
またお知らせいたします。ぜひスに作ってもらってみてください(笑)

>みほ

ダンナさん料理得意なんだもんねー。
いいじゃん、作ってくれるならあえて自分でチャレンジする必要ないよ(笑)
私もダンナが作ってくれるなら黙って食べるし。

>rsk_idrさん

きゅうりを焼酎に入れるとメロン味の焼酎、とかいうのもあったよね。
ゴーヤにハチミツはまずいと思うよ、さすがに・・・甘さじゃあの苦味は抑えられないからね。
あんな見た目であんなに苦いのに、最初にあれを食べようと思った人は本当にすごい、
としみじみ思いながら料理したよ(笑)

>ハットリさん

油との相性はよさそうだね。昨日ちょうど韓国料理のお店でゴーヤのナムルを食べて
おいしかったので、今日にも作ってみようと思っているところ(ハマってる??)。
うちのダンナもゴーヤ嫌いみたいだけど(そしてやはり好き嫌いが多い)、
全然キニシナイ!出し続けてるとそのうち食べるかもよー。

>ヨシコタソ

どんだけ〜って使いまくってるな(笑)
甘酢漬けかぁ・・・すっぱいのは好きなんだけど、甘酢はあんまり好みじゃないなぁ。
でも夏はさっぱりしていいかもね。甘さ控えめで作ってみよう。
お酒のおつまみと聞くと、俄然やる気がわく私だった(笑)
Posted by manoji at 2007年08月25日 16:47
こっちのテレビにフランス人の沖縄料理研究家ってのが出ていたが、
びっくりな事にゴーヤの代わりにキュウリでチャンプルー作ってた。他にも訳の分らん沖縄料理を作っていた。
食べさせられてた家族は、苦い顔してた。
当たり前だよね。
で、ゴーヤは中華スーパーで売っているのを見つけたけど、食いしん坊な私でもゴーヤはなしで生きていけるのでまだ自分で料理したことない。
Posted by ね at 2007年08月25日 17:13
きゅうりかぁ・・・。
「ゴーヤが手に入らない場合はきゅうりで」、みたいな
コメントつきだったのかな(笑)どうせ違うならズッキーニにすれば
炒め物としておいしいのにね。
中華スーパーってことは、中華料理にも使うのかな。
中華風の味付けにも挑戦してみるかー。
Posted by manoji at 2007年08月25日 19:30
ゴーヤー、英語ではbitter melonですが、オランダ語ではspringkomkomerというので、きゅうりと同種ですね^^ オランダにも良く出ています。中華スーパーにも、普通のマーケットにも。わたしも、世界一長寿国の日本ではゴーヤーを良く食べるから、と聞いて一度は挑戦はしましたが…めっちゃ苦かった(涙)

ゴーヤチャンプル、今度トライしてみます!
Posted by nijntje at 2007年08月27日 17:10
>nijntjeさん

Bitter melonってなんかものすごいだまされてる気がする名前ですね(笑)
まあでもキュウリもメロンもゴーヤもウリ科だから英語では melon なんでしょうねえ・・・。
ゴーヤの苦さは下ごしらえをしつこくすれば大分やわらぎますよー。
でも外国の人はちょっと苦手かな・・・薄切りにして揚げてチップスにしたら
食べられそうですけどね! ぜひオランダ風にチャレンジしてみてください(どんなだ?!)
Posted by manoji at 2007年08月27日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52485583
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。