2006年08月14日

停電騒動に思う

もう少し海側朝。

先に出社した旦那を見送り、顔を洗っていたら洗面所の電気がパチパチッと点滅し、あれれ、と思っているうちにスーッとフェイドアウトした。

洗面所にある2つの電気のうち、ひとつが切れていたところだったので「これも切れちゃったら真っ暗じゃん! どうやって顔洗うのさ!」と焦ってあたりを見回しているうちに、点いていたはずの廊下の電気も消えていることに気づく。電話も、そしてエアコンも。

な、何事? と思って思わずパジャマのまま家を飛び出すと、同じくマンションの住人が何人か顔をだし、どうやら停電らしいとの話を聞く。

へー、今時停電なんてあるんだー、と思って旦那にメールなどをしていると、10分ほどで電気は復旧。テレビをつけるとどうやら我が家の近辺だけでなく、首都圏全域で停電しているとのニュース。聞けば地下鉄も止まっているとのこと。

「なんだー会社行けないじゃん、じゃあのんびり朝ごはんでも食べちゃおうかなー♪」

なーんて冷蔵庫を物色し始めた途端に全線復旧の知らせ。ちぇ。

駅に着くとお盆にしては結構な混み具合だったものの、何故かスムーズに到着し、しかも職場につけば皆何事もなかったように淡々と仕事をしていたのだった。

さて、今回の停電が復旧するまでにかかった時間は約3時間とのこと。とはいえ、それはあくまでも全体が完全復旧するまでの時間であって、部分的にはもっと早い。予想外の事故による停電なのにそんなに早く復旧できるなんて、日本ってすごいなーと単純に感心してしまった。

そして感心したといえばもうひとつ。エレベーターや電車に閉じ込められても暴れることなくおとなしく復旧を待ち、信号機が作動していなくても暴走せずに車を運転する日本人って本当に穏やかで素晴らしい

こういうところを世界にもっとアピールすればいいのに・・・いや、でもマッチョなアメリカ人とかに「それってただのヘタレじゃん」とか言われちゃうのかな・・・などと考えてしまった今回の停電騒動なのだった。

因みに今回の停電の原因となった、クレーン船が送電線にヒットした場所は我が家の近くだったらしい。写真は先日散歩に行ったときに撮ったその河の写真、現場はもう少し海側だったようです。
posted by manoji at 23:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの方は停電にはならなかったのですが、朝電車がちょっとだけ遅れてました。
いつもの電車(各停)に乗ろうとダッシュしてホームに降りたら、まだ電車が来てなくて、代わりに遅れてきた急行に乗って、いつもよりちょっとだけ早めに着いたのでした。笑

今日はわりとお盆休みな感じで焦ってる人があまり居なかったんじゃないですかねぇ、、、そういう騒動に都内で巻き込まれると人が殺気立っててやっぱりこわいなーと思ったことが、、、いつぞやの地震のときでしたっけ、、、

それとも、そういう騒動のときは、冷静になりましょうっていうメディア側の意識操作でそういう感じに「みんな落ち着いて待ちました」という風に放送されているのかもしれないですね。
Posted by KSQ at 2006年08月15日 00:47
朝だったことやお盆だったことで、みんな「ま、遅れてもいいか」くらいに
思っていたのかもしれませんね。確かに、これが帰宅時だったら殺気立っちゃうかも。
でもほら、停電があるとその隙に略奪とか殺人が発生するところも
あるじゃないですか。それに比べれば穏やかだと(笑) どんな比較なんだか(笑)

因みに一足先に出ていた旦那は都心までは問題なく着いたものの、
乗り換えの駅構内の電気が落ちて、真っ暗な中に取り残されたそうです。
それでもみなさん、せいぜい「おおっ?」と驚いたくらいで
慌てず叫ばず出口に向かっていたとか。意外に落ち着いてるもんだなーと感心しました。
Posted by manoji at 2006年08月15日 01:14
現場ではそうだったんですね。(笑)
遠く離れていると、テレビの大げさな報道で心配がつのり・・・
iChat切って、お婿さんが出かけた後で知ったものですから、娘は必死でメール。
お婿さんは駅に向かう途上でした。
ママが「今日はお休みになるのでは?」と思っていたら、研究室の培養器の電気が止ったら大変なことになる・・・んだそうで、何としても大学へとのこと!
今時、自家発電があるんだから・・・と呑気に構えてるママに娘は
「自家発電は病院の方が優先されるから研究棟はどうかしら?」と・・・さすが研究者の妻です!
さぞ大変だろうと思うも、意外とスムーズに到着してました。(笑)

ママはニュース見て、即、KSQさんやまのじさんたちの事、特にあのクレーンの現場の中継でお宅の近くかも・・・と心配していたんですよ、何ともなかったご報告で安心しました。
こちらは凄い猛暑なので、電気止ったらエアコン聞かなくて地獄ですよ。(笑)
Posted by もりママ at 2006年08月15日 09:37
あ、研究室などは大変そうですよねえ。クニコさん、さすがです!
私の職場もサーバーやら何やらがたくさんあるのでちょっと心配したのですが
無停電ナントカというので全然問題なかったようです。

でも私はどちらかというとエアコンが切れて暑いのも辛いけど、このまま長引いたら
冷蔵庫が大変なことに! 氷が! アイスが! 冷凍食品が! と焦りました。
いつも食べ物のことばかり考えてしまう意地汚い私です(笑)
Posted by manoji at 2006年08月15日 22:03
日本はすごいと聞いて、ヨシコタソが飛んできましたよ。
その日は朝まだ眠ってたから、停電なんてこれっぽっちも
気づかなかったんだけど、3時間で復旧したのは私もちょっと
すごいとオモタ。昔、ジブラルタルに不時着した時w、
ホテルで入浴中に停電になって、死ぬかと思ったんだけど、
いつまでたっても復旧しないので、そのまま寝て気づいたら
朝だった。起きたら電気が使えるようになっていた。
後で聞くと、夜中中停電してたらしい。そして良くあることなので心配するな、と言われた。その時、世界は広いと思った。おわり。
Posted by ヨシコタソ at 2006年08月15日 23:52
あ、右○のヨシコタソだ。
外国で停電は怖いね。ってかジブラルタルで不時着してる時点で
もう怖いものは何もない気がするけどね・・・。
確かに、世界は広い。そしてヨシコタソのまわりは常に波乱に満ちているのだった。
Posted by manoji at 2006年08月16日 00:35
コメント、まだ間に合うかしら?笑。
停電ニュース、グーグルで拝見しました。
おっそろしい!!
でも誰もかれも落ち着いていたんですね。
あわてない、これが一番事故を防止する方法なんでしょうか。

アムスでも、今年の夏だけで2回ありました(昼間でしたが)。1回目、回復まで3時間。2回目、1時間。すこしは成長した?笑。どちらもホテルにいたのでお客様第一で動いていましたが、暑い時期だったのでエアコンが効かなかったことにイライラしているひとは多かったです。
Posted by nijntje at 2006年08月19日 01:34
ホテルのスタッフの方は大変ですよねえー。
自分だって慌てちゃうでしょうに、お客様第一とは・・・。
でもオランダだったらのんびりしてるから停電してもそんなに大騒ぎには
ならないかなーという気もしますね。トラムが止まっても自転車があるし(笑)

しかし我々の生活(特に日本)は電気に頼った生活なんだなーと
今回しみじみ思いました。オール電化のマンションが最近多いけど、
そういうところはどうなってるんだろう?
Posted by manoji at 2006年08月19日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。