2006年06月11日

洗濯機がやってきた

圧迫感ドラム式洗濯・乾燥機、AQUAが本日納品された。

この洗濯機がウリにしている機能は2つ。ひとつは、普段なかなか洗えないもの―例えばスーツとかぬいぐるみとか―を、水や洗剤を使わずにオゾンで洗濯することができるということ。もうひとつは、すすぎに使った水を捨てずに溜め、オゾンでキレイにして次の洗濯に使える=今までと比べて大幅に節水できるということ。

いいことづくめだが、問題はそのサイズだ。ドラム式洗濯機は大体において大きめだが、これはすすぎ水を溜めるタンクがある分かなり背が高い。

我が家の洗濯機置き場はさほど狭くもないのでタカをくくっていたら、洗濯パンには入るのだが、そのまま入れると排水溝にかぶさってしまうことが判明したが、ホームセンターで買ったレンガと板で底上げし、無事設置完了。まずは実験ということで、旦那のシャツを洗濯・乾燥をしてみることに。

洗濯機に服を入れ、洗濯・乾燥ボタンをピッ。ものすごい数のボタンに圧倒されるが、とりあえずこれだけ押せば洗濯と乾燥はできる。ドラムが数回まわり、必要な洗剤の量が表示される。

0.9。

洗剤の計量スプーン0.9杯ということらしいのだが、そんな微妙なこと言われても計るのは人だしなぁ・・・と、適当に洗剤を入れる。

しばらくすると水がちょろちょろっと出てきて、ドラムが回り始めた。縦置きの洗濯機と比べると恐ろしく水が少ない。こんなんで洗えるの? という量。パネルに表示された洗濯・乾燥にかかる時間は2時間。

2時間?ながっ!

とはいえ、恐らくほとんどが乾燥にかかる時間なのでこれは仕方ない。

ちなみに音はびっくりするくらい静かだ。ドラムが音も立てずに高速で回っている様はちょっとSFっぽい

で、2時間後。

止まった洗濯機から取り出すと、洗濯物はホカホカだが、やっぱりシワシワ。形態安定ではないシャツなどはギューッと絞ったまま干したくらい、シワだらけである。アイロンがけをするために少し湿った状態で終わるコースもあるようなので、このへんはもう少し研究が必要だろう。でもま、乾燥機能にはあまり期待していなかったのでよしとする。

肝心の洗いあがりは正直よくわからないので、これについては今後チェック予定。でもまずは説明書をしっかり読まないとちゃんと使えないわ、これ・・・。
posted by manoji at 21:55| Comment(9) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大きい洗濯機ですねーーーーしかもすごいハイテクそう、、、
水の量が少ないとなると、洗剤の量を言われた通りにしないと、かなり残りそうですねぇ。ついついドバドバっと入れてしまう私には向いていないかも、、、と思いました。
Posted by KSQ at 2006年06月11日 23:23
>KSQさん

実家にいるときは二曹式の洗濯機を使っていたんで、全自動になったときは
「おお!なんてハイテク!」と思ったものですが、時代はさらに進んでいるようです。

洗剤については説明書にメーカー別の分量表があったのですが、
それを見たところで「トップの場合:0.9=28g」などと書いてあるもんだから
全然参考になりません(笑) まあ、そのうち慣れると思いますけどね。
Posted by manoji at 2006年06月12日 00:24
薄型テレビのつぎはAQUAの洗濯機ですか!いいな。みてからにSFっぽいですね。0.9という分量が日本らしい!いや、この微妙な量加減も研究に研究を重ねた結果の数字なのですよきっと・・

いまの我が家の洗濯機はご存知、同僚からもらったもので70年代ものですがいまだ動いています・・・。わたしも動いているか分からないくらい静かーな洗濯機をいつか手に入れたい!!
Posted by nijntje at 2006年06月12日 06:28
これ、CM見ていてすごく気になってました!
ぜひ今後の使用感も聞いてみたい。
それにしても最近の洗濯機って本当に大きいですよね。
うちの洗濯機置き場も、幅を計ってドラム式を買ったら
やっぱり縦が足りなくて、排水溝うんたらで結局今は
洗濯機置き場のドア(収納できる感じになっていた)を
はずしてはみ出したままで使っています。なるほど、
下を底上げするなんてだれも考えつかなかったなー。
Posted by kano at 2006年06月12日 16:42
>nijntjeさん

日本にいるととにかく便利さばかりを求めてしまいますが(それが日本に住んでる
メリットだと思うし)、海外では家電製品は必ずしも最新ではないし、
でっかいものを長年使ってることが多いですよね。
私もオランダではものすごい大きさのドラム式を使っていましたが、
これがまた“洗濯中のドアロック”なんて概念のない原始的なやつだったもんで、
よく満水時にドアをあけて水ざっぱーん! をやらかしてました(笑)
nijntjeさんの洗濯機はクラシックな感じが素敵でしたよ(笑)


>kanoさん

了解、今後もレポート続けます!
これは1号機なんで、今後もう少し小さくて機能的にも充実した次世代バージョンが
出てくると思う。だからそれまで待ってもいいような気がしなくもない(笑)
洗濯機の底上げは狭い日本住宅では基本! みんな結構やってるよー。
うちの実家も、十数年前に全自動洗濯機を買ったときやっぱり入らなくて
ブロックで底上げしてました。地震とか怖いけどね・・・。
Posted by manoji at 2006年06月12日 20:58
あのおもちゃとか乾燥機にいれてたCMのやつかー?

すごいなぁ。
うちも仕事するし、子どもいるし、で乾燥機買ったけど
お風呂の残り湯を使いたい、というところで
一体型は当時対応しているものがなく、別々のを買った。
場所とるわ。んで、ほとんど乾燥機使わない。
時間と金かかるし、エネルギーもかかるでしょうってんで
私はいんちきエコロジストなんで、使いたい気持ちバリバリでも
ダンナがこわいので、雨の日、乾ききれなかった最後の仕上げをする程度。
15分コースとかってやつ。

でも最近のはすごいね。オゾンで水をきれいにするって、
何のことか意味がわからんくらいすごい。
Posted by MIHO at 2006年06月15日 16:14
>MIHO

そうそう、そのCMのやつ。
あれ、お父さんの脚に抱きつく子供が可愛いんだよなー。

乾燥機はやっぱりコインランドリーにあるガスのやつが最強だよね。
実家にも洗濯機と乾燥機が別々にあったんだけど、
時間がかかるわりに全然乾かなくて、あんまり使ってなかったな。

風呂の残り湯といえば、最近の洗濯機には専用のポンプがついてて便利。
先日使ってみたけど、これまたびっくりするほど少ない水で済むもんで
なんかあんまり節約した気にならなかったよ(笑)
Posted by manoji at 2006年06月16日 01:34
洗濯機カッコヨス!
しかし、最近の電気機器はどんどん多機能になって、
いつかヨシコタソもおかんのように使いこなせなくなる日が
くる気がするw
ちなみにうちのおかんはビデオの録画に生涯一度も成功したことがないまま
DVD時代を迎えてしまった。
そしてもちろんDVDなんてまだ一度も使ったことないwww
Posted by ヨシコタソ at 2006年06月18日 01:15
>ヨシコタソ

あんまり多機能だと一度も使わないものとかありそうだよね(笑)
っつーかお母さん、成功したことがない、ということはトライしたことはあるのかな?
何度もトライして失敗しているおかん、可愛いぞ(笑)
Posted by manoji at 2006年06月18日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19136246
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。