2006年04月12日

旦那のいない夜は鶏肉とナスとキノコのバジルソースパスタ

うまかった旦那が夕飯を食べない日は、悪いけど、すごく嬉しい

会社が終わってからの数時間を自分のためだけに心置きなく過ごせるし、旦那が嫌いな食材(そしてそれは大体私が好きな食材なのだ)を使った自分好みの料理を作ることができる。

会社で仕事をしていても終業時刻近くなると、「今日は帰りに買い物でも行こうかな」とか「いや、真っ直ぐ帰ってゲームしよう」とか「夕飯にはあの店でお惣菜を買っちゃおうかな」とか「いやいや、やっぱり早くスーパーに寄ってあれを買おう」なんてあれこれ考えてはワクワクしてしまうのだ。

そんなわけで、旦那がドタキャン、つまり当日の夕方になって「今晩の予定がなくなった」なんて言おうものならもう一瞬にしてブルーである。
もちろん旦那が帰ってくることが嫌なのではないのだが、この盛り上がった気持ちをどうしてくれるのか、せめてもっと早くに連絡してくれれば過度に期待もしないものを・・・と、連絡メールの入った携帯を持つ手がプルプル震えてしまうくらいだ(いや、それは冗談だけど)。

でまあ、前置きが長くなったが、本日も「同期との飲み会」で遅くなるはずだった旦那から「仕事が終わらないから飲み会はキャンセルしたよ」とのメールが入った。「ごはんないなら自分でなんとかするわー」とのこと。

今から冷凍庫をあさって頑張れば、家にある食材でそれなりの夕飯を作ることはできる。でもあんまり頑張りたくはない。とりあえず夕飯は用意していない旨を伝え、

「(旦那)の好きなブタメン買っておいたよー」

罪滅ぼしにアピールしたところ

「ありがとう」

との返事。

す、すまない旦那よ、こんな私に礼なんか言わないでおくれ・・・と罪悪感に打ちひしがれながらも、旦那の嫌いなナスと一人分しか残っていなかった鶏肉を、これまた旦那の嫌いなバジルソースで和えた、完全に自分好みのパスタを作って赤ワインをあけている私なのだった。
posted by manoji at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とってもおいしそうですねぇ。<鶏肉とナスとキノコのバジルソースパスタ

帰宅するまでの間、夕飯のメニューを考え、電車降りてからスーパーに寄って買い物して、帰宅したら夕飯を作って…という工程がなくなったら、電車の中では思う存分音楽を聴いたり本を読んだりして、電車を降りたらスーパーに寄らずに一直線に帰宅して、帰るなりネットしたり、ギターを練習したり、何か書いたりできるってのはとっても嬉しいことです。

我が家の場合、それができるのはス氏が在宅勤務の日で何か作っておいてくれるときです。笑 ス氏が飲み会って日は自分の夕飯をどうするか考える工程が残っちゃうので手放しで喜べないんですよねぇ。笑
Posted by KSQ at 2006年04月12日 22:21
めちゃうまそうだった。
このパスタが嫌いな人がいるなんて、信じられないヨシコタソなのだったw
Posted by ヨシコタソ at 2006年04月12日 22:53
>KSQさん

夕飯を考えるのって毎日のことになってくると辛いですよね。私は帰り道に大きな本屋があるので、思いつかないときはそこで料理の本を立ち読みしてます(笑)

パスタは簡単なんで、最近腕をあげたというスに外注してみてください。
1. パスタを茹でている間にナスと鶏モモ肉を適当に切ってオリーブオイルで炒める
2. 好みでしめじなども加える
3. そこにバジルソース投入し、さらに炒める
4. ゆだったパスタを投入し、さっとあえたらできあがり

バジルソースは市販のでももちろんOKですが、フードプロセッサがあれば簡単にできるのでこちらもスにチャレンジしてもらってみてください(笑)

生バジルの葉15枚くらい・ニンニク1片・松の実1袋(小さいのが中華食材コーナーにあります)パルメザンチーズ適当・オリーブオイル適当・・・を、フードプロセッサでガーッとやるだけ。瓶で保存がきくので便利ですよー。
Posted by manoji at 2006年04月13日 00:15
>ヨシコタソ

たぶん作ったら食べると思うけどね。好んで食べはしないだろうなぁ。
パスタ簡単だよ。上にメニュー書いたから作ってみてー。
Posted by manoji at 2006年04月13日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。