2008年12月16日

両親学級と立ち合い出産

テキストはあまり使わない2週連続で、産院の母親・両親学級1回目・2回目に行ってきた。

日曜日とはいえ、ほとんどの人が夫婦で参加。検診も夫婦で来ている人が多いのを見て思っていたけど、最近の若い旦那さんは本当に奥さん想いの人が多くて感心する。妊婦本人だけでなく、その夫も簡単な自己紹介を求められたのだが、

「妻の食事の栄養管理をしたいと思います」とか

「妻の腰痛改善のためにマッサージをしてあげたいです」

・・・なんて涙が出そうな優しい発言ばかり。我が家の旦那も結構優しい方だと思っていたんだけど、世の中はその上を行っているようだ。ちなみに旦那は

立ち会うつもりじゃないんですが、生まれたら赤ちゃんを見たい場合はどこで待ってればいいですか?」とか

「職場から駆けつける間に生まれちゃったりしませんか? あ、立ち会うわけじゃないんですが・・・

と、いちいち立ち会わないことをアピールしながら質問するもんで、周りのラブラブ夫婦からは変な旦那だと思われていたに違いない。

とはいえ、1回目に参加して「2回目は出なくていいかなぁ」などと文句を言い、渋々参加した2回目では途中ウトウトしていた旦那も、具体的なお産の経過や助産師さんが熱心に話してくれた「大病院とは違う個人産院ならではの方針」を聞いて急にやる気?になったらしい。あれだけ強固に拒否していたのに、

仕方ない、立ち会うか・・・

などと言い出して、びっくり。いや、別に頼んでませんけど私・・・。

というわけで、本日の検診で提出したバースプラン(医療処置から個人的な要望まで、出産時に病院に望むことをあれこれ書いて出すのです)には一転して「立会い希望」と書いた。

「あ、でも、もし途中で夫が具合悪そうな場合は・・・」と言いかけると、助産師さんはにっこり笑顔で頷きながら

「うんうん、大丈夫。そのへんはまかせて!」

と、頼もしくこたえてくれてちょっと安心。さて、本番はどうなることやら・・・。
posted by manoji at 22:11| Comment(11) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。