2008年10月28日

4Dエコーを見る

右から見た顔。左手も映ってます今日は1ヶ月ぶりの検診と、前回予約しておいた4Dエコーの日。4Dとは立体的(3D)な映像がリアルタイム(+時間)で見られるエコーのことだそうで、発音は「フォーディー」(「よんディー」と言ったら「フォーディーですね」と訂正される・・・)。

通常の経腹エコーのようにジェル?をぬって機械でグリグリすると・・・おお、すごい! 手で顔をさわったり口をパクパクしたりと、ゴニョゴニョ動く姿がモニターに映る。

「これはキレイに映ってるなぁ。ホームページに載せられそうだよ」

と、診てくれた先生に言われ、うちのコでよければ載せちゃってください、ホホホ・・・なんて思ったり(いや、キレイなのは映像だってこのはわかってますけどね)。

そうこうしながらしばらく角度を変えて見ていると、

「機材メーカーの営業さんがいらっしゃいましたけど・・・」

と、助産師さんが部屋に入ってきた。

ああ、じゃあここに入ってもらって

と先生。
いやいや、私毛だらけの(妊娠するとおなかの毛がフサフサしてくるんです)腹丸出しなんですけど・・・。しかも入ってきた営業のお兄さんも遠慮気味に離れて立っているというのに、先生ってば

ほらもっと近くで見てごらん、よく映ってるだろう(自慢げ)」

とわざわざ呼び寄せるし(笑) お兄さんだって知らない妊婦のエコー写真見せられて困ってるじゃん。もう恥らう年齢でもないし、いいけどさ。

後ほど旦那に、プリントしてもらった写真を見せると、

「なんか銅像みたいじゃない? 怖い・・・」

とツレないコメント。銅像って。私は結構よく映ってると思ったんだけどなぁ。早くも親バカ?


追記: 画像がわからん! という方へ
posted by manoji at 00:00| Comment(17) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。