2008年07月23日

イベリコ豚を食す

真ん中がイベリコです昨日の話(もう一昨日だけど)。大したこともしなかった連休なので、最終日の夕飯くらいはリッチに、と誕生日プレゼントに弟夫婦からもらったイベリコ豚を解凍してみた。真空パックに入ったお肉はきれいにサシが入っている。調理しすぎるのはもったいないので、シンプルに塩・コショウ・ローズマリーで味付けして、フライパンでロースト。その後、中まで火を通すためにオーブンで少し温めてできあがり。

ついでに、たまたま冷蔵庫にあったフォアグラ(・・・というのは冗談で、先日よく行く激安スーパーの冷凍コーナーで塊を見つけて買ったもの)を焼いて添えてみた。こちらはブラックチェリーのジャムを煮詰めた甘いソースがとてもあう。

で、肝心のイベリコのローストは・・・ウマー。柔らかくてジューシー、でも適度な歯ごたえがあって、豚肉なのに豚肉特有の臭みがなく、何より脂がおいしい。肉の脂は本来苦手なのに、この脂はついついパンにつけて食べてしまうほどいい味なのだ。・・・まあ、あんまり調子に乗って食べるとあとで胃がもたれるんだけど

2枚もらったうちのもう1枚は冷凍保存中なので、これはまたいずれいただく予定。いやー本当においしかった! ス&KSQさん、ありがとう♪
posted by manoji at 00:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。