2008年07月23日

イベリコ豚を食す

真ん中がイベリコです昨日の話(もう一昨日だけど)。大したこともしなかった連休なので、最終日の夕飯くらいはリッチに、と誕生日プレゼントに弟夫婦からもらったイベリコ豚を解凍してみた。真空パックに入ったお肉はきれいにサシが入っている。調理しすぎるのはもったいないので、シンプルに塩・コショウ・ローズマリーで味付けして、フライパンでロースト。その後、中まで火を通すためにオーブンで少し温めてできあがり。

ついでに、たまたま冷蔵庫にあったフォアグラ(・・・というのは冗談で、先日よく行く激安スーパーの冷凍コーナーで塊を見つけて買ったもの)を焼いて添えてみた。こちらはブラックチェリーのジャムを煮詰めた甘いソースがとてもあう。

で、肝心のイベリコのローストは・・・ウマー。柔らかくてジューシー、でも適度な歯ごたえがあって、豚肉なのに豚肉特有の臭みがなく、何より脂がおいしい。肉の脂は本来苦手なのに、この脂はついついパンにつけて食べてしまうほどいい味なのだ。・・・まあ、あんまり調子に乗って食べるとあとで胃がもたれるんだけど

2枚もらったうちのもう1枚は冷凍保存中なので、これはまたいずれいただく予定。いやー本当においしかった! ス&KSQさん、ありがとう♪
posted by manoji at 00:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

カフェ風・ポークジンジャーライス

簡単通っている職場の昼休みが11:45〜12:30と変則的かつ短いせいで、ちょうど帰宅するくらいの時間に空腹のピークがやってくる。ちょっとランチが軽かった日なんて、帰りの電車に揺られながら、あるいは駅の階段を上りながら、

「おなかはすいていない、むしろおなかがいっぱいだ、私は何も食べたくない・・・」

自己暗示をかけてしまうくらい、暴力的ともいえる空腹に襲われる。

そんなに空腹ならそのへんのお店で軽く食べればいいのだけれど、お昼がほとんど外食なので夕飯くらいは家で食べたい。でも帰ってご飯を作ってできあがるまで待つのは辛いのも事実。

今日は旦那も遅いし、クーポンメールが来てたから帰りにマックに寄っちゃおうかな・・・いやでも最近野菜不足だし・・・あ、でもこのマックチキンサルサっておいしそう・・・ダメダメ、週末はどうせまた外食するし・・・。

・・・と、内なる戦いを経て今日はなんとか帰宅(時々負ける)。とにかく家にある材料ですぐ出来ておいしいものを、ということでこんなものを作ってみた。


●カフェ風・ポークジンジャーライス(つまり豚肉のしょうが焼き)●

材料:
豚コマ・ブロッコリー・しょうが・にんにく・ご飯(冷凍してあるものを解凍)
お好みで青ねぎやミョウガ

作り方:
にんにくとしょうがをおろし、お酒・しょうゆ(好みでお砂糖少々)を加えたタレを作って豚肉を漬け込む。
漬け込む時間は、ブロッコリーを小さく切って皿に乗せ、電子レンジでチンしてる間(700wで2分くらい)でOK。
さらにチンしてる間に青ねぎやミョウガを刻む。
ごま油を熱したフライパンに豚肉をタレごと投入。豚肉に軽く火が通ったらさらにチンしたブロッコリーも投入。
豚肉とブロッコリーを炒めてる間に空いたレンジで冷凍ご飯をチン。
豚肉とブロッコリーとタレがよくからんだら、青ねぎやミョウガを加えてさっと炒め、ご飯と一緒にお皿に盛ってできあがり。

何がカフェ風かというと、要するに1枚のお皿に盛ってるだけなんだけど(笑) ご飯はタイ米を使うとさらに「カフェ度」が増すのでオススメ。早いし簡単でおいしくて、さらには洗い物も少なくて済むなんて、ある意味エコな一品ではないだろうか?!
posted by manoji at 21:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。